Focus

Focus No.1 内包物(インクルージョン)その1

今日は パワーストーン や 天然石 の神秘性を語る上で欠かせない、とても不思議な存在である
内包物 (インクルージョン)についてのお話第一弾です。
ほんのさわり程の内容ですが、石が好きな私の独り言だと思っていただければ…

まず最初に 内包物 とは何ぞや?と思う方も多いと思います。
内包物 (インクルージョン)は含有物とも呼ばれ
水晶 などの結晶が出来る過程で気体液体、他の鉱物などの固体が自然に閉じ込められたものを指す言葉です。
天然である何よりの証拠であり、鉱物を表情豊かなものにしてくれる面白い物なのです。
その代表格と言えば、やはり ルチルクォーツ ガーデンクォーツ でしょう。

 

 

パワーストーン ルチルクォーツの内包物のマクロ写真

パワーストーン ルチルクォーツの内包物を接写。モノクロで見てみました。

 

ルチル と言う鉱物が偶然にも水晶に閉じ込められることで金針が美しく輝きます。
その輝きや神秘性から愛の矢、ビーナスの髪などと称されることもあります。
二枚目は プラチナルチルクォーツ ですが、これは酸化チタンが針状になって内包されています。
ルチルクォーツ をモノクロ写真で撮ったようにも見えてきませんか?

パワーストーン ガーデンクォーツをスマートフォンで近寄って撮影。スマートフォンでもはっきりと捉えられるしっかりとした内包物が特徴。

ガーデンクォーツ も 石英 や クローライト などが閉じ込められて、あの庭園を思わせる幻想的で不思議な模様になるのです。
これぞまさしく自然が生んだ神秘のアートとも言えるでしょう。

 

その2に続く

関連記事

  1. Focus No.3 内包物(インクルージョン)その3
  2. Focus No.2 内包物(インクルージョン)その2
  3. Focus No.6 光学効果 その1
  4. Focus No.4 内包物(インクルージョン)その4
  5. Focus No.8 模様 その1
  6. Focus No.7 光学効果 その2
  7. Focus No.5 内包物(インクルージョン)その5

各種コンテンツリスト

PAGE TOP
ツールバーへスキップ